歯科にいき健康で白い歯を【輝け自慢のサンシャイン歯】

歯茎のお手入れも大切

dentistry

虫歯は誰もがなる可能性のある歯の病気となっていますが、虫歯意外にも歯がダメージを受けてしまうことがあります。それは、歯周病です。歯周病は歯茎の間にばい菌が入り込むことで、歯茎が赤く腫れたり、歯茎から血が出たりする病気です。この病気が進行してしまうと、歯がグラつき抜けてしまうことがあるので注意が必要な病気となります。また、ばい菌の他にも、色々な原因で歯周病になってしまうことがあります。例えば、タバコを吸うことで歯周病になりやすくなってしまいます。原因としては、タバコに含まれるタールやニコチンが歯茎に悪い影響を与えるからとなっています。また、歯ぎしりや口呼吸など自分が気づかないところでも、歯茎に悪い影響を与えてしまうのです。タバコは辞めることで対策をすることが出来ますが、歯ぎしりや口呼吸は意識しても中々治すことが難しいです。そんな時には、三田市の歯科で対策法を学ぶと良いです。三田市の歯科では歯の治療だけではなく、予防法も教えてくれるので、利用してみましょう。

歯周病になる原因は色々とありますが、スケーリングという治療法で歯茎の間に溜まったプラークを取り除くことが出来ます。また、スケーリングの後にルートプレーニングを行えば、歯をさらに綺麗にし、汚れが付着しにくい歯にすることが出来ます。このように、歯周病を防ぐ方法はあるので、歯茎が痛いなどの症状がある方は、三田市の歯科で治療を受けると良いでしょう。また、これらの治療の他に外科手術でも歯茎を綺麗にすることが出来ますが、外科手術は最終手段として考える様にすることが良いです。なぜなら、外科手術はお金がかかってしまうからです。